iPhone用保護シートの種類と売れ筋

subpage-img

iPhoneの保護シートは材質的には3つあります。
1つ目はフィルムタイプです。

光沢タイプで利用される事が多い材質で薄いシートですが、追加機能も多く一番よく売れていると言われています。



2つ目はマットタイプです。

マットタイプは厚みが出てしまいますが、非光沢な見え方を実現してくれます。光沢タイプは太陽光下では利用しづらく、また、iPhoneの液晶はもともとよく見えるので見えすぎるために非光沢で落ち着いた色合いがほしいという方も少なくありません。

また、フィルムタイプに比べて指の滑りがよいのも特徴です。

ただし、貼るのが大変だという方や、光沢を落とすのは困るという方も多いので売れ方としてはフィルムタイプに劣るようです。そして、3つ目がガラス系です。

ガラス系は他の材質と違い、硬い板のようなシートです。iPhoneでは強化ガラスが採用されているのでガラス系のシートは必要ないと思われていますが、ガラス系は見た目が素直な映像を作りますし、タッチもとても良いです。

Girls Channel情報の失敗しない選び方を紹介します。

そのため、多少厚みが出てしまいますが人気が急上昇しています。またガラス系の材質を利用してることで貼る際に気泡ができにくく、失敗が少ないこともメリットです。

ただし、ガラス系はフィルムやマット系に比べて大変高価です。



そのため、売れ筋にはまだなっていないことが多いですが、利用者が急増しているので今後はiPhoneの穂木シートでは主流になっていくかもしれません。

top